栃木「とち介」、水戸「みとちゃん」、千葉・佐倉「カムロちゃん」連携しサークル結成 「和」の魅力発信 /栃木 – 毎日新聞

栃木「とち介」、水戸「みとちゃん」、千葉・佐倉「カムロちゃん」連携しサークル結成 「和」の魅力発信 /栃木毎日新聞栃木市シティプロモーション課によると、ゆるキャラは近年、自治体のご当地ものだけではなく、民間企業でも増え、競争が激化。「単独での活動に限界を感じた」という。 そこで、「蔵の街」や「江戸料理」など「和」を基調とした魅力をPRしている栃木市が、同様に「和」を特長とした水戸市や佐倉市にサークルの結成を呼びか ……

水戸の梅まつり(水戸市)平成30年2月16日放送 – 茨城県

茨城県水戸の梅まつり(水戸市)平成30年2月16日放送茨城県今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」(前10時20分ごろ)では,磯山さやかさんが「水戸の梅まつり」を紹介します。 2月17日から始まる「水戸の梅まつり」。今回はゲストに水戸市出身の俳優渡辺裕之さんが登場。偕楽園を巡りながら梅まつりの見どころをお聞きします。 お花見の後は,渡辺さんが小さいころから通ってい …水戸の梅まつり17日開幕読売新聞all 4 news articles »…

ゆるキャラサークル結成 「和」の魅力発信 – 毎日新聞

毎日新聞ゆるキャラサークル結成 「和」の魅力発信毎日新聞ゆるキャラ同士が連携して町の特長である「和」の魅力をアピールしようと、栃木市の「とち介」、水戸市の「みとちゃん」、千葉県佐倉市の「カムロちゃん」の3市のマスコットキャラクターが、和風サークル「きゃわ和」を結成した。全国的にゆるキャラが増える中、活動内容のマンネリ化を防ぎ、相乗効果による新たな魅力を発信する。 栃木 …and more »…

東海第2原発災害の避難者受け入れ 県内8市町と水戸市が協定 – 東京新聞

東京新聞東海第2原発災害の避難者受け入れ 県内8市町と水戸市が協定東京新聞茨城県東海村の日本原子力発電(原電)東海第二原発で原子力災害が発生した場合を想定し、群馬県内の八市町と、原発に近い水戸市が協議してきた同市からの避難者受け入れに関する協定が十五日、九市町の首長が出席して前橋市の県市町村会館で締結された。八市町は百八施設で計約四万四千六 …and more »…